12月29日
妊娠しやすい年齢を知っておこう

女性の「卵子の老化」で一番の問題は、卵子細胞にある「ミトコンドリア」というエネルギーを供給する器官の機能低下です。ミトコンドリアの働きが悪くなると、卵子に染色体異常が起こりやすくなると言われており、妊娠率の低下、流産率の増加につながります。卵子の状態は35歳が分岐点で、30代前半と30代後半では、卵巣の様子は違ってくるそうです。

前へ

バックナンバー

2014年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。