1月18日
いつも働いている内臓を休ませよう

体の不調が続いたり、疲れやすいことはありませんか? もしかしたら、内臓が疲れているのかもしれません。24時間態勢で働く「内臓」を休ませるために、オンオフの切り替えをしましょう。まずは、空腹を感じるまで食べないことです。間食が多いと、消化器は働きっぱなしで疲れてしまいます。そして、睡眠中は胃腸を休めて「自己修復」する時間に充てましょう。寝る3時間前には、できるだけ食事を終えるようにしましょう。

前へ

バックナンバー

2015年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。