1月27日
足先は温度のセンサーだと知ろう

足先は「温度のセンサー」として機能しています。足先が冷たさを感じると、体は温めようと熱を発します。そこで、寝るときに靴下をはいてしまうと「温度センサー」が働かないため、なかなか発熱できずに「冷え」が改善されてきません。さらに靴下によって、足先の温度センサーが「体が温まっている」と勘違いをして、逆に体を冷やしてしまう恐れがあります。足が冷たくて眠れない人は、かかとまで隠れるレッグウォーマーがオススメです。

前へ

バックナンバー

2015年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。