2月20日
背骨は5種類の骨でできていると知ろう

私たち人間の「背骨」は、上から「頚椎(けいつい)」「胸椎(きょうつい)」「腰椎(ようつい)」「仙骨」「尾骨」の5種類から構成されています。頚椎は「首の骨」で、頭の重さを支えるために7個の骨があります。胸椎は12個、腰椎は5個です。上半身を前に傾けるときに一番負担がかかるのは「腰椎」です。そのため腰痛で悩む方が多かったり、腰椎ヘルニアで苦しむ人が多いのです。

前へ

バックナンバー

2015年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。