2月27日
空気は肺の中で、枝分かれすることを知ろう

私たちの吸い込んだ空気は、気管を通って左右に枝分かれした肺に入ります。そして、それぞれ肺の内部で約15〜16回の分岐を繰り返し、やがて終末細気管支に流れていきます。そこから、さらに約17〜19回目の分岐が行われ、ようやく酸素と二酸化炭素の交換を行う「肺胞(はいほう)」にたどり着きます。

前へ

バックナンバー

2015年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。