3月3日
毒素を分解する醤油の作用に注目しよう

醤油(しょうゆ)は、東洋医学的に「寒性」で、体にこもった余分な熱を収め、毒素を分解する作用があります。醤油は小麦と大豆を原料として、麹やカビ酵素で分解、発酵してできています。

前へ

バックナンバー

2015年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。