3月5日
カルシウム不足からの動脈硬化に注意しよう

体内にカルシウムが不足しているのに、「血液中」にはカルシウムが多く存在していることがあります。これはカルシウム不足を何とかしようと、「骨」にあるカルシウムが溶け出して、血液中に流れ出て増えるためです。それにより余分なカルシウムが血管の壁に沈着し、「動脈硬化」を引き起こしやすくします。カルシウム不足は「骨」を弱くするだけでなく、「動脈硬化」の原因にもつながるのです。

前へ

バックナンバー

2015年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。