3月6日
食事は20分以上、30分以内で食べよう

20分以内の早食いは、血糖値の上昇が間に合わず、満腹感が感じづらくなります。また、30分以上かける食事は、食べている最中に、胃に空きができてしまい、食べ過ぎる原因になります。食事をするなら、20分以上、30分以内で行ってみましょう。

前へ

バックナンバー

2015年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。