3月7日
体温と鳥肌の関係について理解しよう

気温が低いと、肌の真皮の中にある「立毛筋(りつもうきん)」が収縮して、毛穴や汗腺の穴がふさがります。このときに生じるのが「鳥肌」です。この鳥肌を起こすことで体表面の穴は閉じ、熱が外へ逃げてしまうのを防いでいます。

前へ

バックナンバー

2015年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。