4月21日
残尿感があるときは、歌いながら尿をしよう

本来、排尿は気持ちの良いものですが、残尿感がある時ありませんか? 私たちのカラダは、「イキむ」ときは呼吸を止め、下腹部に力が入り、尿が出ないことがあります。逆に、息を吐くとイキめないので、「鼻歌」や「歌」をうたいながら尿をすると、自然なオシッコができるようになります。それで出ないなら、「溜まっていないサイン」です。

前へ

バックナンバー

2015年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。