4月22日
舌の色が白っぽい人は、寒邪タイプと知ろう

東洋医学では、舌の状態から体質やその時の体の状態を診ます。舌の色が白っぽくなっている場合は、「寒邪(かんじゃ)タイプ」と言って、冷え性のため、足がだるくなり、体がむくみやすいのが特徴です。生野菜、冷たいジュース、清涼飲料水などは、できるだけ控えるようにしましょう。また、カラダを冷やさない服装も日頃から心がけてくださいね。

前へ

バックナンバー

2015年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。