4月29日
動脈の太さによって壁の構造が違うと知ろう

大動脈のような「太い動脈」は、壁の中に「弾性繊維」をたくさん持っています。そのため大動脈は、とても弾力に富んでいます。一方、細動脈には「弾性繊維」が少なく、代わりに「平滑筋細胞」が豊富にあります。これは血管の太さを調節して、心臓から送り出された血流の量を調節しやすくするためです。

前へ

バックナンバー

2015年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。