5月7日
頭蓋骨は、衝撃を分散させる構造と知ろう

頭部の骨格は、「脳頭蓋(のうずがい)」と「顔面頭蓋」に分かれており、それらがさらに「小さな骨」に分かれています。これらの骨はパズルのような「波形の線」で組み合わさっていて、その線を「縫合線(ほうごうせん)」と呼んでいます。頭部がこのよう波形の複雑な形で結合されているのは、外部からの衝撃を分散させ、ショックをやわらげて内部のやわらかい脳を保護するためです。

前へ

バックナンバー

2015年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。