5月27日
しゃっくりは、横隔膜のけいれんと知ろう

しゃっくりは、胸とお腹を仕切っていて、呼吸に合わせて伸びたり縮んだりしている「横隔膜(おうかくまく)」のけいれんによって起こるものです。横隔膜の神経が過敏になったり、強く刺激されたりすると「けいれん」が始まります。ちなみに、「くしゃみ」や「せき」は異物を出そうとして起こるものです。

前へ

バックナンバー

2015年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。