6月1日
歯磨き粉に含まれる界面活性剤を知ろう

口の健康を守るはずの「歯磨き粉」が、逆に体に悪い影響を与えていることがあるそうです。気になる成分は、多くの歯磨き粉に含まれている「ラウリル硫酸ナトリウム」という界面活性剤。この物質は、口の中の角質を溶かしたり、粘膜を傷つけてしまう恐れがあるそうです。気になる方は、オーガニックタイプのものを使うと良いでしょう。

前へ

バックナンバー

2015年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。