6月25日
トウモロコシでコレステロールを下げよう

トウモロコシは、東洋医学的に「平性」で、体力をつけ精神を安定させる作用があるそうです。また、消化不良や食欲不振を改善させる作用もあります。さらに、「不飽和脂肪酸(ふほうわしぼうさん)」によってコレステロールを低下させ、動脈硬化の改善に効果が期待できます。しかし、トウモロコシの食物繊維は粗いので、胃腸の弱い方にはあまり向きません。

前へ

バックナンバー

2015年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。