6月28日
夜10時〜2時に体が回復することを知ろう

東洋医学では、「夜10時〜2時」に体が回復するとされています。体が冷えて眠れない人は、体温調節を司る「自律神経」を整えるために、この時間帯には床につくようにしましょう。休日は1〜2時間早く寝るなどして、冷えに負けず、免疫力のある「体温の高いカラダ」を目指していきましょう。

前へ

バックナンバー

2015年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。