7月7日
神経系の疾患とドーパミンの関係を知ろう

近年の研究では、神経系の疾患の多くに、神経伝達物質「ドーパミン」の分泌異常が関係することがわかっています。例えば、手足や全身の筋肉が硬直するパーキンソン病は、ドーパミンの減少が原因とされ、反対にドーパミンが過剰に分泌され、反対に精神分裂病を発症することも明らかになっています。

前へ

バックナンバー

2015年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。