7月19日
認知症予防に、音読と料理を日課にしよう

音読が認知症予防に効果的なことは、研究で明らかになっているそうです。新聞を読む時は、音読がいいそう。短歌などのリズムのあるものは、より良いと言われています。また料理も、脳のいろいろな部位を同時に使うので、脳の活性化に最適です。

前へ

バックナンバー

2015年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。