7月25日
白キクラゲの滋養効果に注目しよう

白キクラゲは、東洋医学的に平性の性質をもっていて、気管と肺を潤す作用があります。栄養価が高く、17種類のアミノ酸と豊富なミネラルを含んでいます。それゆえ多くの体質に適しますが、体内に水分を溜めやすい性質があるため、体がむくみやすい人は控えめにすると良いでしょう。

前へ

バックナンバー

2015年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。