8月4日
痛み止めの多用は、低体温のモトと知ろう

痛み止めとは、血管を縮めて体を冷やすことで、痛みを感じさせないようにするものです。本当に辛いときには使ってもいいですが、予防のためと多用したり、ちょっとのことでも使い続ける習慣は、冷えを悪化させることにつながることがあります。

前へ

バックナンバー

2015年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。