9月19日
狭心症は、睡眠中にも起こると知っておこう

心臓の病気、狭心症は、急な運動をしたときに起こるものと思われていますが、寝ている時にも起こる病気です。運動時に起こる狭心症は、心臓の動きが活発になることで、心筋が酸素不足になって発症します。一方、睡眠中に起こる狭心症は、冠状動脈のけいれんにより発症します。

前へ

バックナンバー

2015年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。