11月21日
酸っぱいもの好きは酸蝕歯に注意

酸っぱいフルーツやワイン、ドレッシング、酢の物、スポーツドリンク、炭酸飲料など、酸性の強いものを摂った後は、歯の表面のエナメル質が一時的にやわらかくなります。そのため、それらを摂った直後にハミガキをすると歯の表面が削れてしまい、歯がどんどん薄くなることに。そんな歯を「酸蝕歯」と言います。それを防ぐには、摂った直後に水やお茶で口をゆすぐ、30分はハミガキをしないといった対策が必要です。

前へ

バックナンバー

2015年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。