12月2日
黒豆で、体の中からも外からも潤いを

大豆の仲間である「黒豆」。鈍りがちな腎の働きを補って、気と血を増やしながら、流れも良くしてくれます。血も体の一部ですから、体の内も外も乾燥する冬こそたっぷり食べたいものです。体に滞った余分な水分を出しながら、便通を促し、肌や髪にも良い食品。おせち料理としてだけでなく、黒豆ごはんなどでも美味しく食べましょう。

前へ

バックナンバー

2015年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。