12月4日
みかんを食べて、二日酔いを予防

年末年始はお酒を飲む機会が増えます。でも、忙しい時期に二日酔いでぐったりしていては、仕事も家事も滞ってしまうことでしょう。そこでみかんを。みかんの色素に含まれるβクリプトキサンチンという成分が、アルコール性の肝機能障害を防ぎ、二日酔い予防になると言われています。βクリプトキサンチンは美白効果や骨粗鬆症予防効果も注目されている成分。今が旬のみかんで元気に年末年始を乗り越えましょう。

前へ

バックナンバー

2015年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。