12月29日
魚や大豆製品で強い血管を作ろう

慢性的に激しく受けるストレスは、血管にも負担がかかります。特に、自律神経や内分泌系を乱れさせ、血圧や血糖値が上がります。また、ドロドロ血液になり、血栓ができやすいなど、血管病の危険が高まります。血管を強くして、血液をサラサラにする代表的な食材は、魚や大豆製品といった良質のたんぱく質。忙しい暮れやおせち料理を食べるお正月も、日々の食卓と同様に、魚や大豆製品を摂るように心がけましょう。

前へ

バックナンバー

2015年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。