1月30日
歯からみる健康的な食事

「歯は消化管の鏡」と言います。通常、歯は32本あり、そのうちの20本(62.5%)が臼歯で、穀物をすりつぶすための歯です。8本(25%)は門歯で、野菜や果物を噛み千切るための歯。4本(12.5%)が犬歯で、肉を引き裂くための歯です。そのため、日本人は食事の内の62%を穀物、25%を野菜や果物、12%を肉や魚などのタンパク質にすれば、消化管に負担がかからないのだとか。食の欧米化で病気が増えた理由は、この食べる内容が変わったためとも言われます。人間の体の作りには、すべてに意味があるということですね。

前へ

バックナンバー

2016年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。