2月10日
市販の睡眠薬と病院の睡眠薬の違いは?

眠れない日が続くとつらいもの。市販の薬を利用しようか病院に行こうかと悩んでいる方もいるのでは。市販の睡眠薬は、主にイライラや緊張を抑える鎮静薬の抗ヒスタミン剤で、2〜3日程度の一過性の不眠に適しています。医師の診断で処方される薬は、自然な眠りが起こる仕組みで、慢性化した不眠状態を正常化させる働きに優れています。眠れない日が続くなら、睡眠外来などで診てもらいましょう。

前へ

バックナンバー

2016年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。