2月11日
運動をすると脳の老化を遅らせることができる

「運動している人としていない人の脳では、運動をしていない人の脳の萎縮が激しい」と言っているのは、イリノイ大学のアーサー・クレーマー博士。ニューヨーク大学のアントニオ・コンビット博士の実験では、「運動をすると、脳の記憶中枢(海馬)付近の血流がよくなって、記憶力が増す」ことを証明されました。つまり、運動をすると脳の老化が遅くなるということ。適度な運動は脳の若返りにもいいのです。

前へ

バックナンバー

2016年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。