2月24日
ビタミン豊富な「ぶきのとう」で春の訪れを感じる

これから山菜が出回る時期。中でもふきの花のつぼみである「ふきのとう」は、春の訪れを告げる山菜の代表格です。ふきのとうは、カロチン、ビタミンE・K・B1・B2、カリウム、銅を含み、民間療法では咳止めや健胃薬として用いられてきました。ちょっと苦みがあるところが美味しく、天ぷらにしたり、みそと合えたり、様々な料理で存在感を示します。旬は短いので、見つけたら見逃さないで、独特の香りと味を楽しんでください。

前へ

バックナンバー

2016年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。