3月4日
夜の入浴と朝の親指歩きで、痩せやすい骨盤づくり

骨盤がゆるんでいると太りやすくなると言われます。本来骨盤は、起きている時に締まって、夜ゆるむのが正常。それが、昼なのにゆるんでしまうと、代謝が落ちて脂肪が燃えにくいうえ、食欲のバランスが乱れて食べ過ぎるなど、太りやすい状態に陥ってしまうのです。そこで、夜はぬるめのお湯で入浴して、体をリラックスさせること。朝は足の親指に力を入れながら歩くことを意識しましょう。そうするだけでも、夜はゆるみ、朝は締まる骨盤になるはずです。

前へ

バックナンバー

2016年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。