3月22日
洋食には硬水、和食には軟水

日本の水は軟水がほとんどです。軟水はミネラル分が少ないため、料理でミネラル分の豊富な海藻などを取り入れるという文化が育ってきました。それに対して、ミネラル分の豊富な硬水を飲んでいる欧米では、水でミネラル分を摂っているので、高カロリー・高コレステロールな食事を食べ続けてこられたのです。日本人が軟水を飲みながら、高カロリー・高コレステロールな食事を食べていたら、どんどん中性脂肪や悪玉コレステロールの値が高くなり、動脈硬化のリスクが高まることに。洋食を食べるなら硬水を、和食の時には軟水を飲むようにするとよいでしょう。

前へ

バックナンバー

2016年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。