3月23日
外反母趾の改善や予防には、足でのタオルつかみを

長年ハイヒールを履いていたり、足指にまったく体重をかけずに歩く癖があったり、足裏だけでペタペタ歩いていると外反母趾になる可能性大。近年はオトナだけでなく、子どもにもみられる症状です。これは足の筋肉の衰えや筋肉の未発達が原因。それを治したり予防するには、床に敷いたタオルを、両足の指だけでつかみ、持ち上げるエクササイズを繰り返すことです。指のつけ根からしっかり持ち上げ、5回で1セット。朝昼晩行うとよいでしょう。

前へ

バックナンバー

2016年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。