4月22日
硬水と軟水を目的によって使い分けよう

外出先で水を買おうと思っても、種類がたくさんあって悩むことはありませんか?例えば「軟水」と「硬水」の違いを知っておくだけでも、水を買う時の指針になるはず。水に含まれるカルシウムとマグネシウムの含有量が少ないものが「軟水」、多いものが「硬水」です。味にクセがなく、飲みやすいのは「軟水」で、喉が渇いている時にはとても美味しいはず。しかし、外食が続いていたり、ダイエット中でミネラル不足を感じているなら硬水がおススメです。

前へ

バックナンバー

2016年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。