5月6日
ファイバーデトックスで腸内をキレイに

「ファイバーデトックス」という言葉があります。これは、食物繊維を積極的に摂って、いつも腸をキレイに保とうということです。食物繊維には2種類あります。まず、ゴボウや大豆、きのこ、玄米などに含まれているのが「不溶性食物繊維」。水分を含むと膨らむので、便の量を増やして、腸内の掃除役になります。もう一つは、りんごやバナナなどの果物や、海藻類、こんにゃくなどに含まれている「水溶性食物繊維」で、これは腸の中で発酵し、善玉菌を増やしながら自然な消化環境を作ります。どちらも摂ることが体のためには必要。これらが含まれる野菜や果物、きのこ類、海藻類などをたくさん摂って、デトックスしましょう。

前へ

バックナンバー

2016年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。