5月11日
トマトの抗酸化作用で、紫外線に対抗

紫外線が強くなるこれからの時期は、トマトを積極的に摂りたいもの。トマトのリコピンはフィトケミカルの一種で、抗酸化作用がかなり高く、がんや動脈硬化の予防にもなります。でも、トマトを生で食べ過ぎると体を冷やし過ぎてしまいます。リコピンは熱に強く加熱料理でも壊れませんので、トマトのスープや焼きトマトなど、様々な料理で摂取しましょう。

前へ

バックナンバー

2016年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。