5月25日
脱毛や除毛の季節。埋没毛にならないように注意を

脱毛や除毛の仕方を間違えると、毛穴から毛が出ず、皮膚の中で埋もれたまま伸びる「埋没毛」になってしまうことがあります。これは、毛を無理に引っ張るために毛の生える方向が変わってしまい、皮膚組織の中で毛が伸びてしまうために起こります。毛穴が深いために「埋没毛」になりやすい人もいます。埋没した毛を外に出すには、皮膚を傷つけなければなりませんし、埋没毛は繰り返しやすいので、できれば医療機関で脱毛することをオススメします。

前へ

バックナンバー

2016年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。