6月1日
旬の赤シソを摂って、若々しく健康に

この時期だけスーパーに並ぶ赤シソ。漢方では発汗、解熱、解毒、鎮痛などの作用があると言われます。栄養面から見ても、ビタミンやカリウム、鉄などのミネラルが豊富で、赤い色のアントシアニンによる抗酸化作用が期待されます。また、特徴的な香り成分・ペリルアルデヒドには、殺菌効果が。ダイエット効果があるロズマリン酸、美肌効果のあるαリノレン酸なども含まれています。梅干し漬けなどに使うだけでなく、煮出してリンゴ酢を加えれば、ヘルシードリンクが出来上がります。

前へ

バックナンバー

2016年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。