6月9日
片頭痛も放置しておくと流産や脳梗塞に

片頭痛で頻繁に鎮痛薬を飲み続けると、血小板の働きが弱くなり、流産のリスクになることも。また、動脈硬化の促進を招き、脳の血管がダメージを受け続けるため、脳梗塞になりやすくなります。「いつもの頭痛だから」とたかをくくらないで、早めに専門医のいる病院を受診しましょう。

前へ

バックナンバー

2016年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。