6月22日
室内でも起こる「脱水症」に注意して

脱水症になると、発汗、下痢、嘔吐などが起こり、重い場合は命にかかわることもあります。でも、脱水症の症状が出た時にはすでに進行していることが多いもの。また、高齢者や子ども、体力のない人などでは、炎天下にいるときばかりでなく、室内でも起こるものです。水分とともに塩分や糖分を摂り、暑ければ汗をしっかりかくこと。普段から良質のタンパク質を摂って、十分な睡眠と栄養、規則正しい生活を心がけることも大切です。

前へ

バックナンバー

2016年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。