6月26日
ウォーキングをして脳を快楽ホルモンで満たそう

ヒトは進化の過程で2足歩行になり、それに伴って脳も発達しました。そのため、歩くことで「快楽ホルモン」が分泌されるのだとか。約15分歩くとエンドルフィンが、約20分歩くとドーパミンが、約30分歩くとセトロニンが分泌され、脳は快楽ホルモンで満たされるはず。どんどんウォーキングをして、心も体もハッピーに!

前へ

バックナンバー

2016年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。