6月27日
牛乳+バナナで寝付きの悪さを改善

ホットミルクを飲むとよく眠れると言われます。それは、牛乳が体内で分解されてできる「オピオイドペプチド」が作用しているためです。母乳を飲んだ赤ちゃんがすぐにスヤスヤ眠るのはそのためなのだとか。また、バナナに含まれる「トリプトファン」は、体内で鎮静・催眠・精神安定などの作用を持つ「セロトニン」へと変化。そこでバナナシェイクや、それを温めたホットバナナオレを寝る前に飲めば、Wの安眠効果が得られます。

前へ

バックナンバー

2016年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。