7月10日
後ろ腕組みで、やせ体質を手にして肩こりも解消

立っている時、前で腕を組む癖はありませんか?どうせなら両手を後ろに回し、両ひじを逆の両手で掴む「後ろ腕組み」の方がやせ体質に近づけるかも。「後ろ腕組み」をして、両足を揃えて立つと、バランスを取ろうと全身の筋肉が締まります、背筋がスッと伸びます。その姿勢で首を回したり、腰をひねったりしてみましょう。肩こりの解消にもなり、日頃の前かがみの姿勢が矯正されるはずです。

前へ

バックナンバー

2016年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。