7月17日
食欲不振の時に食べたい食材

暑さが続き食欲が落ちている方も多いのでは?漢方では、食欲不振を「脾虚(ひきょ)」といいます。これは脾に気が足りず、胃腸の働きが弱っている状態です。そんな時、脾に気を補い、胃腸の働きを高める食材を使ったものを食べましょう。「ショウガ」「ニンニク」「長ネギ」などの香味野菜は食欲をアップさせますし、「大根」は消化機能を促進させます。また、「リンゴ」や「ナツメ」は胃腸の働きを整えるので、メニューに加えましょう。

前へ

バックナンバー

2016年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。