8月15日
鮭の卵巣膜には女性のための栄養がたっぷり

マリンプラセンタには、肌のかさつきやくすみ、シミ・ソバカスを良い方向に導く成分が約30種類も入っているのだとか。でも、魚に胎盤はありません。では、マリンプラセンタってどこのこと?それは、鮭が卵を守り育てる卵巣膜。動物プラセンタにはない核酸やエラスチンが含まれているのが特徴です。核酸は細胞の老化を防いだり、細胞の損傷を修復する働きがありますし、エラスチンは、皮膚組織の構造を支える役目を担っていますから、女性にとっては見逃せない素材なのです。

前へ

バックナンバー

2016年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。