9月5日
近くを見たら遠くも見ることで、目の筋肉のコリを予防

パソコンや、スマホ、ゲームなどによる画面の近方視を続けることは、目のピントを調整する毛様体筋が緊張しっぱなしの状態を続けることです。その結果、目に酸素や栄養が供給されなくなり、充血したり、白目が濁ったりすることに。近くを1時間見たら、遠くを5分だけでも見るような習慣をつけ、目の筋肉のコリを予防しましょう。

前へ

バックナンバー

2016年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。