9月21日
熟睡でアルファ波を出せば、疲れを残さず快適!

暑くて寝苦しい時期も去り、ようやく熟睡できる季節になってきました。昔の人は、気持ち良く熟睡することを「味寝(うまい)」と言ったとか。質の良い眠りは翌日に疲れを残さず、快適な日々を送れると、昔の人も眠りを重視していたのでしょう。眠りは脳と体のリセットタイム。特に、脳内でアルファ波が出ると、ぐっすり眠れるようになります。そのためには、寝る前に部屋を薄暗くして気持ちの休まる音楽を流し、精神状態を安定させるなどの工夫も大切です。

前へ

バックナンバー

2016年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。