妊娠してからの保険は入りにくいことも。妊娠の前に保険を検討しておこう

なぜ、妊婦は保険に入れないのでしょうか?

 妊婦に安定期という言葉は医学上存在しません。妊娠した瞬間から、無事に出産が終わるまで、妊婦は常に命の危険にさらされていると思ってください。妊娠している状態は確かに病気ではありませんが、重い病気を抱えて生きているのと同じくらいリスクの高い状態です。保険は最初からリスクが高いとわかっている方は加入出来ないようにする事が常識です。仮に一般的な医療保険で加入できても、妊娠によるトラブルに対しては給付金は受け取れないという「条件付き」での加入になります。

妊活中も保険に加入は難しいです。

 「そろそろ子供が欲しい」と思って妊活し始めてから医療保険や生命保険の医療特約をつけようとしても断られたり、産婦人科系の疾病や不妊治療に関するトラブルは保障の対象外にされたりとスムーズに保険に加入することが難しいのが実態です。元々妊娠したり、妊娠を継続出来ずに流産しがちな方が受ける不妊治療なので、その医療的なリスクとても高いと言えます。女性が保険に加入するなら「いつか子供を」と思っている間に加入しておきましょう。

過去に帝王切開した方も医療保険等は加入が難しいです

 以前、出産した時に意外にお金がかかったから、医療保険への加入や子供への責任を感じて自分も生命保険に加入しようと思っても、過去に帝王切開を経験しているとそれだけで保険に加入出来なかったり、産婦人科系のトラブルは保障外にするという内容の契約しか出来ないことは一般的です。
  約5人に1人の割合で帝王切開による出産をしているのが現実です。もし、「いつか子供ができたら保険に」と思っているうちに保険に加入しておくことは安心につながります。

出産時の費用

 出産時の費用は自然分娩の場合は全額自費ですが、多くの自治体で妊婦健診の補助券を出していたり、出産すると健康保険組合から出産育児一時金が42万円ほどいただけます。しかも帝王切開や出産時に吸引するなどすると医療行為となって健康保険が適用され自己負担3割で済む上、高額療養制度も利用できます。特別にこだわらなければ、医療費よりも生まれてくる赤ちゃんのためのベビーベットやチャイルドシートなどの購入・レンタルの費用や、出産祝いのお返しなどの出費も大変です。
 女性は妊娠中は保険に入りづらくなります。妊娠後無事出産出来ても帝王切開だとその後、保険の加入時に制約がつく事が普通です。「子供ができてから保険に」ではなく、「いつか子供は欲しい」と思った時点で保険に加入を検討しましょう。