妊娠・出産トラブルに備える保険選びのポイント

できるだけ早めに保険へ加入しておきましょう。

 自分自身の妊婦期や出産時にトラブルが起こるかもしれないと想像することは、まだ「そろそろ子供を」と考えてもいない方には難しいかもしれません。しかし、「いつか子供を」と思っているなら、是非、妊娠期や出産時のトラブルも視野に入れて保険には早めに加入しておくことがお勧めです。保険会社にもよりますが、仮に中絶した場合、後で医療保険や生命保険などの保険に加入する際に告知対象となり、産婦人科系の疾患やトラブルは「保障対象外」となったり、一定期間は婦人科系の臓器に対する手術は対象外になります。

日帰り手術の給付金がおりる医療保障が得られるか?

 流産は頻度の高い妊娠リスクの1つです。多くの場合、流産した後の処理をするために、胎内に残った残留物を掻爬するために日帰り入院することが多いです。
  妊娠を望む方が医療機関で最初に検査される項目のうち、子宮頸がんの検査があります。この検査でがんが見つかる場合もあります。妊活は子宮頸がんの治療の後に行われますが、軽度のがんの場合は日帰り手術で済ませられます。日帰り手術は妊娠・出産する場合以外でも多くの治療で実現しているので、この保障があると安心です。

妊活にも保険が適用される場合があります。

 子宮外妊娠を繰り返すような卵管が狭い場合などは、排卵されても子宮外妊娠しやすく、妊活の一環で狭い部分の卵管機能温存療法という手術を行います。このような手術は一般的な婦人科系疾患として医療保険の適用を受けられます。
  卵管の他にも子宮や卵巣の病気が原因で妊娠が難しい場合はまずその治療から妊活は始まります。無排卵性の不妊などの場合はまずは排卵誘発剤で排卵を促すことから治療します。これも健康保険の適用範囲内であれば民間の保険でも保障対象になります。

出産時のトラブルにも対応できるか?

 異常分娩には多胎児分娩や逆子も含まれます。異常分娩自体は珍しくない上、ハイリスクで母子共に命に関わる事態になりかねないので健康保険の対象になります。異常分娩はだれの身にも起きかねない上、健康保険診療対象となっても、自己負担する医療費が高額になりがちです。もちろん高額療養制度の対象にはなりますが、一旦自己負担分を支払った数ヶ月後にお金が戻ってくる仕組みなので保険ですぐにお金が下りると大変助かります。
 このような条件を満たす民間の保険を検討するなら女性特有疾病に対応した医療保険か、生命保険の女性特有疾病特約がお勧めです。女性特有疾病以外の病気にも対応しており、女性特有の妊娠・出産時のトラブルには更に手厚い保障がつくのでお得感があります。