住宅ローンの借り主が死亡した時、返済が不安ですか?

過剰な保険に入っていないかチェックする

 若いときに張り切って多額の保険に入ったり、勧められるままいくつも保険に加入している方は少なくありません。転職や退職などで年収が減った場合は保険料が負担になりがちです。収入が減った事を機に保険も見直しましょう。保険は万が一の時の生活を支える為のモノです。既に自宅を購入済みだったり、預貯金がある程度ある場合は、保障額はその分少なく見積もっても大丈夫です。保険は解約してしまう他に保険金額を減額する方法ことも出来ます。その場合もちろん保険料は少なく済みます。

健康に自信があれば他のもっと安い保険に切り替える

 健康であれば新規に保険に加入することも可能なので、今までの保険を解約してもっと安い保険に加入することも可能です。通販型の生命保険なら、保険料はとてもお得です。いずれも掛け捨ての定期保険になります。問題は保険金額はあまり大きな保障のモノが少ないという点です。働き盛りで子どもがまだ育ち盛りの家庭の場合は、3000万円ほどの保障を目処に考えましょう。既に預貯金が1000万円くらいある場合は保障は2000万円で良いという計算になります。

保障の大きさの割にお得感のある保険とは?

 保障は一生同じ額である必要はありません。特に手厚い保障が欲しいのは子どもが小さく、主婦(主夫)の方が働けない場合です。子どもが大きくなって中学・高校生くらいになると多少のパート収入が主婦(主夫)の方に期待も出来ます。更に子どもが大きくなって独立すれば学資保険の払込も完了し、学資の負担も子どもの扶養の為の責任も肩の荷から下ります。人生で欲しい保障額はだんだん減って行くのです。それに対応した逓減定期保険という定期保険なら、掛け捨てな上、保障が必要な時に手厚く、だんだんと保障の必要が減るに従い保障額も減っていくという合理的な設計で保険料はお得な設定を実現しています。

健康第一です

 逓減定期保険に乗り換えるなどの見直しをする場合は、新規に保険に加入する必要があります。その場合健康でなければどんなにいい保険があっても加入できない可能性が出てきます。加入できても、持病に関わる病気は保障対象外という条件付きの加入になる場合もあります。また、保険商品の中には、非喫煙など健康リスクの低い人には割引がある場合がものもあります。転職や退職で生活が変わって大変な時でしょうが、健康第一に考えて生活習慣を見直す事が大切です。
 収入・年収が減ってたからと言って、全ての保険を解約してしまうのは危険です。減収というのは相当なストレスになります。そんな時に保険を手放してしまうと保障がない上に、健康リスクの高い状態にさらされてしまいます。是非、解約する以外に減額や特約の解約など保険料の節約方法は他にあることを忘れないことです。